Happy Bus

気軽に利用できる夜行バスで旅に出よう|比較が大切

交通手段に関して

特長など

車内風景

ビジネスや旅行・帰省などの交通手段には様々なものがありますが、近年は夜行バスが人気の交通手段となっています。最近は快適さを重視したシャワー付きのバスや、シートが個室のような状態のバスなど様々なものが出てきています。移動時間は長いですが、夜行バスは夜出発の朝到着なので、夜行バスに乗り込み寝ている間に目的地に到着しています。そういったことから時間を有効的に使うことができ、体力も充分に温存することができます。夜行バスに乗る際には、快適に過ごすための持ち物なども重要です。まず夜行バスは基本的に夜出発なので、乗車するほとんどの方が睡眠を取ります。その場合、いびきをかく人や寝言を言う方などが乗車している可能性があります。体を休める貴重な時間ですので、耳栓を用意しておくと周辺の音を気にすることなく睡眠を取ることができます。次に意外とバスの車内は乾燥しているため、マスクを用意しておくと乾燥を防ぐことができますし、スッピン隠しにも良いものとなります。夜行バスの予約方法や空席の確認方法は、基本的にインターネットから簡単に行うことができます。お気に入りのバス会社がある場合は、そのバス会社の公式サイトから予約をすることもできます。もし価格重視で色々な夜行バスを比較検討したいという場合は、複数の夜行バスの金額を一括で出してくれるサービスを行っているサイトもあります。この場合、1つ1つのバス会社を調べる必要もないため、非常に効率良くバス会社を探すことができます。

時間を有効活用できます

乗り物

福岡は九州における交通の拠点で新幹線の駅や飛行場へのアクセスにも優れ、日本全国へ早く移動することができます。また、福岡からは九州各地や四国・中国・近畿地方だけでなく、関東地方へも高速バス路線があります。高速バスは新幹線や飛行機よりも移動に時間はかかりますが、高速バスの魅力は何といっても、格安な料金にあります。福岡から東京へ向かう場合は、新幹線では2万円以上かかるのに対して、高速バスではその3分の1の料金で行くことができるのです。飛行機はLCCを利用すると格安で移動することができますが、席数が限られていたり、荷物の制限があるといったデメリットがあります。福岡から高速バスを使うメリットとしては、福岡県内の各地に停留所があることです。ターミナル駅や飛行場にすぐに行ける人は良いのですが、距離がある人はアクセスに時間や費用がかかってしまいます。高速バスの停留所はインターチェンジやバスターミナルをはじめ福岡県内の点在しています。停留所が近い人はわざわざターミナル駅や飛行場まで大きな荷物を抱えて移動しなくても良いことは大きなメリットとなります。高速バスでも夜行便を選ぶことによって、時間を有効に使うことができます。単純に移動時間でだけで考えると高速バスは新幹線や飛行機には敵いません。しかし、夜福岡を出発して、明け方現地に到着する便を使えば、寝ている間に目的地に到着することができるので、どの移動手段よりも現地滞在時間を長くすることが可能です。

多くのメリットを活かせる

ファミリー

旅行を楽しむ時には移動手段は不可欠ですが、レンタカーを利用する方は大勢います。レンタカーを利用することで、家族そろって車内でも楽しい時間を過ごせますし、いろいろなところに行くことができます。近年はレンタカーを提供している会社もサービスを充実させており、その一つがマンスリーレンタカーです。マンスリーレンタカーはその名の通り、一ヶ月借りることができ、さらに旅行の日数や必要とする日数に応じて事前に契約することができます。一ヶ月以上の長期契約となるので、一日単位のレンタル料も割安になる特徴があります。マンスリーレンタカーのメリットを他にあげると、メンテナンスも不要という点をあげることができるでしょう。すべてレンタカーの会社で行っていることなので、個人で行う必要はありません。また基本的には車両保険など必要な保険に加入済みとなっているので、もしもの事故が生じたとしてもしっかりとした事故処理をすることができます。さらに、車に乗る人数に合わせていろいろなタイプの車が用意されており、普段乗ることができない車種に乗ることができるのも大きな魅力です。マンスリーレンタカーを取り扱っている会社は多くなっているので、旅行に行く前に家族で話し合って決めることができるでしょう。もちろん、マンスリーで借りる場合は貸し出しができる車両に限りがあるので、早い段階でレンタカー会社に連絡をして予約しておきましょう。マンスリーレンタカーを利用することで、家族や友人たちと共に旅行を存分に楽しむことができます。必要な情報を分析して活用するようにしましょう。

思っているより安いです

クルーズ船

東京湾クルーズと聞くとなんだか高級なイメージがありますが、実際は無理せずに充分楽しめる金額設定がなされています。時間帯や船によって料金は変動しますが、ランチタイムでの利用であれば5000円程度から楽しむことが出来ます。

読んでみよう

費用を抑えた宿泊先

田舎

旅行や出張などでの宿泊先として民泊という選択肢があります。民泊であれば、格安の宿泊先も見つけることができますし、また予約や支払いも簡単に行えます。また宿泊先を提供するとホストとそれらを利用するゲストが互いに評価されるので安心して利用できます。

読んでみよう

1ヶ月単位で借りられる車

女性

ワンデイタイプのレンタカーは便利ですが、1ヶ月単位で利用するのなら、マンスリータイプを活用したほうが数万円お得になります。マンスリーレンタカーには、しっかりと保険がついていますので、安心して運転できるのも忘れてはいけないメリットです。

読んでみよう