Happy Bus

気軽に利用できる夜行バスで旅に出よう|比較が大切

費用を抑えた宿泊先

利用するためには

田舎

旅行にしても出張にしても泊まらなければならない場合には宿泊先を確保する必要があります。宿泊先としてはホテルや旅館、民宿などがありますが、その第4の選択肢として民泊があります。民泊といえば外国人向けのサービスといったイメージがありますが、日本人でも利用することができますし、また格安の宿泊先や予約の仕方も簡単といったメリットがあります。民泊を利用するためにはairbnbなどのSNSにゲスト登録をする必要があります。そもそも民泊のシステムとしてはairbnbなどのSNSが行っているものです。仕組みとしては部屋を貸したい人はホスト登録をして宿泊可能な部屋を提供します。利用したい人はゲスト登録をして目的地にあるホストから部屋を選ぶというものです。民泊は必ずしも格安なものばかりではありませんが、貸し出す部屋の条件が悪いと低めの価格で提供されるので格安で利用することができます。また宿泊費用も交渉すれば値下げが可能ですから閑散期などは格安で泊まることも出来ます。ゲストは目的の部屋を見つけてホストに申し込みを行い、値段や提供されるサービスに納得すれば予約をするというものです。民泊ではゲストもホストも評価することができるので、値段のほか実際にその部屋を利用した人の評価なども知ることができるのが大きなポイントです。民泊の場合にはホストによっては、当日予約でも泊まれるところもありますが、いずれにしても予約をすることが原則ですから、泊まりたい場合には事前に調べて交渉をしておくことが必要です。

費用や評判

ウーマン

人気の東京湾クルーズの料金の相場はどういった傾向があるのでしょうか。料金の違いは使用する船舶やクルーズの内容によって違いが現れてきます。一番リーズナブルなものに東京湾と隅田川を行き来する水上バスがあります。発着場が決まっていて、決められたコースを運行するというもの。飲食の提供などはなく、水上からの風景を楽しむという、数百円で気軽に乗れる路線バス的な要素の船です。昔からあるのが情緒ある屋形船です。屋根が付いた木造船が主ですが、屋上デッキやエアコン、カラオケなどの最新設備が付いたFRP製の新型船を使用している会社も増えています。食事提供のない周遊コースは1000円程度から、水面をのんびり漂い、飲食しながら都会の夜景や花火大会など、東京湾クルーズを楽しむというコースは5000円程度から1万円程度が価格帯になっています。小型から大型までの船舶があるのがクルーザーです。船内装備が充実しているのが特長で、バーやレストラン、個室などが設けられている豪華客船のような船もあります。料金もさまざまで周遊だけなら2000円程度から、飲食付きなら5000円程度から、本格フレンチが提供される3万円を超えるゴージャスなコースも見受けられます。それぞれの東京湾クルーズを利用した方達の評判も良いものがあります。ちょっと違った東京観光を楽しみたい旅行客、サプライズのあるデートを楽しみたいカップルの方、盛り上がりたい仲間同士や社員同士など、子供から高齢者まで幅広い層の方達が利用されて好評を博しています。都会の中に居ながら、都会の喧騒を離れて優雅なクルージングが満喫出来るのが東京湾クルーズです。予算や目的、巡るコースなど、さまざまなプランの中から選べて、一年を通して快適なクルージングが楽しめるのが東京湾クルーズです。

寝ているだけでいい

バス

私たちが住んでいる日本では、飛行機や電車などさまざまな交通機関を利用することができます。特に地元を離れて遠くに旅行する際には非常に便利です。利用できる交通機関のひとつに夜行バスがあります。夜行バスは一般的なバスとは異なり、夜から明け方にかけての時間を移動に使います。主に長距離移動に特化しており、特に東京都や大阪府、福岡県などの都市部には多くの夜行バス会社が存在します。夜行バスの活用法・メリットとしては、比較的料金が安いという点が挙げられます。長距離移動で交通機関を利用する場合、それなりのお金が必要になります。飛行機や新幹線など、短時間で移動できる交通機関ほど料金が高い傾向にあります。しかし、夜行バスは移動時間はかかるものの、安い料金で移動することができるため、気軽に利用できるというメリットがあります。また、夜の間に移動するため、明け方には目的地に到着しているという点も見逃せません。一般的な交通機関の利用では間に合わない時間でも、夜行バスなら可能になることがあります。予定が朝早く、前日から宿泊を余儀なくされるといったことがありません。しかも寝ているだけで目的地に到着するため、睡眠と移動を同時に行うことができます。また、最近の夜行バスは乗り心地も非常に良くなっています。周囲を遮断したシートを利用しているバスや、幅が広くまるで飛行機のファーストクラスのような乗り心地のバスも増えてきています。

思っているより安いです

クルーズ船

東京湾クルーズと聞くとなんだか高級なイメージがありますが、実際は無理せずに充分楽しめる金額設定がなされています。時間帯や船によって料金は変動しますが、ランチタイムでの利用であれば5000円程度から楽しむことが出来ます。

読んでみよう

費用を抑えた宿泊先

田舎

旅行や出張などでの宿泊先として民泊という選択肢があります。民泊であれば、格安の宿泊先も見つけることができますし、また予約や支払いも簡単に行えます。また宿泊先を提供するとホストとそれらを利用するゲストが互いに評価されるので安心して利用できます。

読んでみよう

1ヶ月単位で借りられる車

女性

ワンデイタイプのレンタカーは便利ですが、1ヶ月単位で利用するのなら、マンスリータイプを活用したほうが数万円お得になります。マンスリーレンタカーには、しっかりと保険がついていますので、安心して運転できるのも忘れてはいけないメリットです。

読んでみよう