Happy Bus

気軽に利用できる夜行バスで旅に出よう|比較が大切

思っているより安いです

プランが色々です

クルーズ船

東京湾クルーズと聞くとなんだかセレブな響きがあります。高級そうなイメージがあって敬遠している方も多いかもしれません。しかし現在の東京湾クルーズには多種多様な楽しみ方があって、決して無理をしなければ利用できないものではなくなっています。ちょっと珍しい体験をして良い思い出作りになることを考えれば、案外割安かもしれません。まず東京湾クルーズの王道といえば夜景を見ながらお酒かディナーといったところですが、決してそれだけではありません。昼間にランチを楽しみながらだったり、食事なしの乗船プランだったりと時間や目的に合った楽しみ方ができるようになっています。昼間のランチプランであれば上質な料理を5000円程度から利用することができ、ディナータイムでも8000円程度から15000円ぐらいのコースになっています。確かに普段の食事から考えれば安いとは言えませんが、陸のレストランでもこれくらい、もしくはこれ以上の料金コースの店はたくさんあります。東京湾クルーズという特別な体験ができることを考えれば、法外な値段とは言えないでしょう。現在の東京湾クルーズは運行の時間帯や食事の種類など、非常に多くのプランが各社から提案されています。色々と調べてみて自身の希望に合った内容を探してみるのも楽しいのではないでしょうか。よっぽどのことがない限りドレスコードも特にないようなので、実はカジュアルな雰囲気で肩の力を抜いて楽しめるのが東京湾クルーズと言えます。

便利な移動手段

乗り物

少しでも交通費用を安くおさえたい人に大人気となっている夜行バスも今では多くの都市を結んで走っています。夜行バスは主に3列シートや4列シートになっていて少しでも費用を安くしたいという人は4列シート、快適に過ごしたいという人には3列シートと分けて利用することができます。夜行バスにはトイレが設置されているものとそうでないものがあり、途中休憩する場合としない場合があるのであらかじめ確認しておくことが大事です。安さを求めすぎて危険を伴う業者もあるので事故やトラブルに巻き込まれないために信頼できる業者選びも必要です。安いで有名になっている夜行バスですが最近では快適な移動手段を求める人にこたえるためにいろいろなタイプも登場しています。今までの多くは3列4列シートが主流だったのですが、今では2列プラス1列タイプ、2列広々シート、そして完全個室タイプもあります。費用もそれなりにしますが夜の間に移動したい人やしなければならない人でゆったり乗りたい人、女性一人なので少し不安という人には最適な乗り物です。大都市に行く場合は到着時に更衣室やシャワー設備を利用したい時はそのような場所が近くにあるかどうかを確認しておくと便利です。地方に行く場合には近くに温泉施設などがある場合が多いので、利用できる時間などを確認しておくと安心です。夜行バスはインターネットや電話で簡単に空席情報を確認することや予約することができインターネットなら24時間対応しています。

安くても快適です

バス

福岡市を発着する高速バスは、1〜2時間程度の短時間で行く事が出来る北九州・佐賀・長崎・熊本といったエリアに関しては、在来線よりも安値設定となっている点が人気の理由です。更にお得に使いたい場合は、4枚綴り・往復チケットといった回数券等を購入すると高い割引率で乗る事が出来るので、大人数・リピーターは有効活用しましょう。運賃以外にも短距離区間は運転間隔が短い事から、仮に席が満員であってもあまり待たずに次の便に乗車できるメリットがあります。福岡市に移動がしやすく、需要の高い熊本・北九州路線等は鉄道並みの便数になっていて、早朝・夜間便も設定されているので利便性が高いと言えます。福岡市内を発着する長距離高速バスは、九州南部・広島・岡山等の西日本エリアはもちろんですが、更に遠方の名古屋や東京便の設定もあります。なお、東京便は15時間以上もの長時間にわたって乗車する日本最長レベルの路線であるものの、品質の高いバスを使っているので乗車率が高い傾向が続いています。気になる高速バスの設備ですが、短距離路線は4列スタンダード(リクライニング可能が多い)・長距離路線は3列独立シートが基本となっており、長距離便はトイレ・コンセント付きが多くあります。西日本に向かう長距離便であっても4列シート設定があるので、できるだけ交通費を節約したい場合は格安便をチョイスすると良いでしょう。福岡市発高速バスは多くのバス会社が競合している事から、複数の会社を比較できるサイトを参考にしながら予約する事をおすすめします。

思っているより安いです

クルーズ船

東京湾クルーズと聞くとなんだか高級なイメージがありますが、実際は無理せずに充分楽しめる金額設定がなされています。時間帯や船によって料金は変動しますが、ランチタイムでの利用であれば5000円程度から楽しむことが出来ます。

読んでみよう

費用を抑えた宿泊先

田舎

旅行や出張などでの宿泊先として民泊という選択肢があります。民泊であれば、格安の宿泊先も見つけることができますし、また予約や支払いも簡単に行えます。また宿泊先を提供するとホストとそれらを利用するゲストが互いに評価されるので安心して利用できます。

読んでみよう

1ヶ月単位で借りられる車

女性

ワンデイタイプのレンタカーは便利ですが、1ヶ月単位で利用するのなら、マンスリータイプを活用したほうが数万円お得になります。マンスリーレンタカーには、しっかりと保険がついていますので、安心して運転できるのも忘れてはいけないメリットです。

読んでみよう